About us

ご挨拶

 岩田組は、津のまちをつくり続けて100年以上経ちました。

 津市の公園や海岸の堤防、橋、道路、地下に走る下水道、公共施設など様々な建設に携わっています。当社の原点は、初代磯吉が、伊勢電気鉄道を作りながら三重県を南下し、津市の地に根付いたところから始まります。当時の様子は、市史にも書かれているほどの大規模なプロジェクトでした。まちの発展を支えたことを誇りに、戦後の焼け野原となった津のまちの復興にも力を注ぎました。津の中心にある城跡の整備に携わり、現代のまちなみの基盤を形成したことでしょう。

 先代たちの仕事ぶりを軸とし、「100年企業の誇りを胸に、地域社会に次なる100年を築く」ことを企業理念として掲げ、ものづくりに対する誠意と誠実を忘れずに、これからも津のまちや人々の生活の役に立っていきたいと思います。




沿革

  • 創業明治40年5月1日
    初代、岩田磯吉が当時土木請負業野呂組の配下として、津市内で開業、地元工事に従事。

  2代目岩田一雄は、空襲にて廃墟となった市内の復興事業に尽力を尽くす。

  • 設立
    昭和24年1月19日
    有限会社 岩田組として三重県知事許可を取得

  • 組織変更
    昭和27年11月11日 株式会社 岩田組として会社組織を変更。


沿革